飲食店経営を支える優秀なPOSを導入|新しく始めるビジネス

海外で広げるビジネス

会議

日本という国は全国を47つの都道府県に分けています。各都道府県において最低賃金という1時間あたりの労働単価基準に最低ラインが設けられているのです。この最低賃金は都道府県によって異なっており都心部と地方では100円以上の開きがある場合もあります。労働単価の違いを活用して都心部の仕事を地方で回すという企業や個人事業主も数多くいますが、最近は優秀な働き手が不足して、地方で新しく仕事を回るのが難しくなっています。このような現状を打開するために個人事業主などが目をつけたのが、インドネシア進出支援制度なのです。インドネシアは日本とは異なり、人口成長率が非常に高い国です。人口が多いとそれに付随して消費マーケットの規模も大きくなっていくのでビジネスを進める際には優位となります。
また、インドネシアではサービスやモノなども普及しきっていないので、日本国内では当たり前に取り扱っている商品でも、大きな利益を上げることが可能なのです。そのようなメリットに多さに加えて日本ではインドネシア進出支援制度というものも存在しています。インドネシア進出支援制度を活用すれば、インドネシア内の駅から近い地域に属する工業団地を紹介してくれます。このようなサービスに加えてインドネシア進出支援制度では海外進出アドバイザーを派遣するというサービスも提供しています。インドネシアで法人を設立する場合は人事のマネージャーを現地のインドネシア人にしないといけないので、前もって、国内でスタッフを確保しておくのが最適なのです。