飲食店経営を支える優秀なPOSを導入|新しく始めるビジネス

会社を売り渡す際ポイント

電卓を操作する人

業績の悪化や経営者の高齢化、跡継ぎ不在などの要因によって会社売却をするパターンがあります。自社のノウハウなどをそのまま運用してもらえる非常に効果的な手段なので、事業の撤退を考えている場合は活用していきましょう。

詳細を確認する...

海外で広げるビジネス

会議

インドネシアは人口が年々増加する国であり、これから年数を重ねるにつれて更に大きく発展することが予想されます。インドネシア進出支援制度を使って、ビジネスエリアを拡大しておけば思わぬところから、仕事が発生することもあるのです。

詳細を確認する...

従業員の負担を軽減

ウェイトレス

私達が普段の生活で何気なく利用しているのがPOSです。コンビニやスーパーマーケット、ドラッグストアや衣服店など多くの場所でPOSは活用されています。最近では特定の業種に合わせて機能を追求したタイプも販売されるようになりました。特に飲食店の業界ではお客さんの回転率などが日によって異なるので、どのような状況下でも適応できるだけの対応力というものが求められてきます。飲食店などを経営する人はこのような適応力を以ってお店を経営していくことで利益アップにも繋げることが可能なのです。飲食店においてより良いサービスをお客さんに提供していきたいのであれば、お店で働いてくれる従業員の負担を軽減できるところから始めていきましょう。
無理を前提で仕事を回し続けていると従業員の退職やサービスの質が低下、トラブル発生などの原因にもなってしまうのです。手軽にできる負担軽減策として代表的なのはオーダーを取るシステムです。これまでは伝票などで取っていたメニューをハンディタイプのPOSを導入することで、注文の漏れや間違いを防ぐことができます。注文数が多い店舗では店員は基本的にメニューを出すだけで、オーダーはお客さん自らに行なってもらうという店舗も存在しています。このようなシステムを導入することで社員と顧客、両方の満足度向上に繋がり、さらに質の高いサービスを提供することができるのです。また、POSは売上集計や顧客分析といった運営を支援する機能も数多く搭載されているので非常に便利なのです。

独立店店長への道のり

料理

ラーメン屋の独立開業はライバル数も多く、敷居が高いと敬遠されがちです。しかし、独立支援をしているラーメン屋の求人に応募して採用されれば、給料を貰いながら修行をすることで将来的に独立店店長を狙うこともできるのです。

詳細を確認する...